将軍と参謀と兵

_人人人人人人人人人_
>  「集中脳」  <
> 覚醒プログラム <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


         昭和16年に中国山西省で起きた、日本軍の大包囲殲滅作戦を描いた国策映画。原作は伊地知進が発表した小説『将軍と参謀そして兵』。戦闘シーンは陸軍省の協力を得て、中国で実際の軍服と武器を使って撮影された。オリジナルは109分とされているが、一部が欠損しているらしく、ビデオは90分しか収録されていない。1954年には本作の改訂版が「戦争と将軍」というタイトルで公開された(映画「黒い潮」と同時上映)。
 昭和16年、北支戦線。土岐原兵団は山岳地帯に潜む敵の大軍を前にしていた。参謀の矢垣は左翼から敵を攻める作戦を提案し、同じく参謀の杉は補給線を守るため矢垣の作戦に反対。土岐原将軍は矢垣案を採用し、兵団は移動を始めるのだが…。
        

動画

DMM動画見放題chライト
FODプレミアム
auビデオパス
TSUTAYADISCAS
U-NEXT
hulu
GyaO

※リンクをクリックしても動画が見れない場合は、 リンクのアドレスをコピーしてブラウザのアドレスバーに貼り付けてみてください。