テンプル・グランディン








グランディンは高機能自閉症を抱えながら、科学者として・啓蒙家として社会的な成功を収めた人物である。科学者(動物学者)としては特に、家畜の権利保護について世界的な影響力があり、アメリカとカナダの肉牛の半数はグランディンが設計した施設で処理されていると言われている。

本作は題名となっているグランディン自身の半生を描いたテレビ映画。この映画は、グランディンの半生と彼女の苦悩、さらには自閉症の子を持つ親の葛藤をテンポ良く、かつ丁寧に描いている。特筆すべきなのは、グランディンを演ずるクレア・デインズ。映画が始まってから最後まで、彼女の演技に圧倒される。最高レベルにあるクレア・デインズの演技を観るだけでも価値のある作品だと言える。

リンク


fc2

その他

子供の頃に自閉症と診断されたテンプル・グランディンが、彼女の脳の働き方について話します。彼女の“絵で考える”能力が、一般的な脳が見落としがちな問題の解決に役立つと言います。世界は、自閉症の領域にあるとされる人たち-視覚型思考者、パターン型思考者、言語型思考者や全ての風変わりな天才達-を必要としていると訴えます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

週間人気動画TOP8

  • 妻が恋した夏
  • 時空変態人間 時間よ止まれ!
  • あまくちナイト
  • 東京地下女子刑務所 CHAPTER 2・エリア99
  • 覗きの誘惑
  • 妹の恋
  • 愛人 ラマン
  • ひるなかの流星

スポンサーリンク
スポンサーリンク